MIRAI一覧へ
201911/17(日)

日本のお祭り

出雲「神在祭・龍蛇神講大祭」

出雲大社・神在祭の後に行われる「龍蛇神講大祭」
2019
11 /17(日)

日本のお祭り

出雲「神在祭・龍蛇神講大祭」

出雲大社・神在祭の後に行われる「龍蛇神講大祭」

大国主神(おおくにぬしのかみ)は皮を剥がれた兎を助けた因幡の白兎のエピソードで知られる神様。兄弟の迫害、様々な試練の末、葦原中国(あしはらのなかつくに。日本の国土のこと)の支配者となって国作りをしたと伝えられています。「大国」を「だいこく」と音読することから七福神の大黒天と同一視される大国主神を御祭神とする出雲大社(正式には「いづもおおやしろ」。
旧暦10月は一般に神無月といいますが、出雲地方では八百万の神々が集まることから神在月といわれ、神在祭がいくつかの神社で執り行われ、出雲大社でも数々の神事が8日間にわたって行われます。
出雲に集まる神々の先導役をお仕えされる御使神として、古くより「龍蛇神りゅうじゃじん」の信仰があり、この神様を信仰される方々の組織として「龍蛇神講りゅうじゃじんこう」が結ばれています。その神在祭が終わった後の、神楽殿において「龍蛇神講」に加入された方々が参集して「龍蛇神講大祭」が行われます。

出雲「神在祭・龍蛇神講大祭」〈島根〉

  • 【場所】島根県出雲市大社町 出雲大社
  • 【交通】JR出雲市駅から、一畑バス[出雲大社・日御碕・宇竜行き]で25分

公式サイト

フォトレポート

レポートはまだありません

こちらもおすすめ