MIRAI一覧へ
202001/08(水)

日本のお祭り

鳥越神社「とんど焼」

高く上がる火に無病息災を祈る
2020
01 /08(水)

日本のお祭り

鳥越神社「とんど焼」

高く上がる火に無病息災を祈る

東京台東区の鳥越神社では1月8日に、毎年恒例の「どんと焼」を行います。
東京では、江戸時代から1月7日の七草粥のお祝いとともに、正月行事をすませ、家々ではお正月飾りを取り払う習わしです。
翌日の1月8日に行われる「とんど焼」は、お正月にお迎えした神様(歳神様)をお送りする日本の伝統的な行事。お焚き上げの火や煙には、歳神様の力によって、1年間の様々な災厄を祓い清める力があると言われ、都内でも古くから民間行事として絶えることなく今日まで伝えられています。  

どんど焼の火に書初めの清書を燃やして高くあがれば、字が上手になるとか、この火で餅を焼いて食べる事が、一年中疫除のおまじないになるとされています。要は、この火で歳神様をお送りし、その一年中無病息災をお祈りするという新春のめでたい行事です。

鳥越神社「とんど焼」 〈東京〉

  • 毎年1月8日、鳥越神社では正月の松飾りなどを集め、「とんど焼き」を執り行います。
  • 【場所】鳥越神社
    〒111-0054 東京都台東区鳥越2丁目4−1
  • 【交通】JR「浅草橋駅」西口下車 徒歩 8分
    都営地下鉄「蔵前駅」下車 徒歩 5分
    大江戸線「新御徒町」下車 徒歩10分

公式サイト

フォトレポート

レポートはまだありません

こちらもおすすめ