MIRAI一覧へ
202001/15(水)

日本のお祭り

鶴岡八幡宮「左義長神事」

とんど焼きのことでわらに火をつけて一年を祈ります。
2020
01 /15(水)

日本のお祭り

鶴岡八幡宮「左義長神事」

とんど焼きのことでわらに火をつけて一年を祈ります。

左義長神事といういかめしい名前を聞くと、なんの行事だろう?と一瞬戸惑ってしまいそうですね。
実は、左義長神事は一般的にはとんど焼と呼ばれている行事のことを指します。

とんど焼きとは、神社などに納められた古いお札やお守りなどを1月15日に焼き払う、勇壮な行事。基本的にスタイルとしては、わらを円錐形にしたものが作られて、そこに火をつけて焼き払います。鎌倉に限らず、とんど焼きは日本全国で行われているお祭りです。

鎌倉の鶴岡八幡宮では例年、1月15日の午前7時に源平池のほとりで、左義長神事が行われます。

お正月の注連飾りや門松など、鶴岡八幡宮に納められたものを積み上げて祭典を執り行った後、燃やしていく、というお祭りです。

左義長神事は写真や動画を撮るのが趣味の人には、うってつけの機会となります。当日は朝早いですが、興味のある方は早起きして見学してみましょう。

鶴岡八幡宮「左義長神事」 〈神奈川〉

  • 毎年1月15日午前7時
  • 【場所】鶴岡八幡宮
    神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31
  • 【交通】「JR鎌倉駅」東口から徒歩10分
    「江ノ電鎌倉駅」から徒歩10分
    「横浜横須賀道路・朝比奈I.C.」から5km
  • 【料金】観覧無料

公式サイト

フォトレポート

レポートはまだありません

こちらもおすすめ