MIRAI一覧へ
202001/17(金)

日本のお祭り

「三吉梵天祭」

江戸時代から続く、冬の秋田を代表する「けんか梵天」
2020
01 /17(金)

日本のお祭り

「三吉梵天祭」

江戸時代から続く、冬の秋田を代表する「けんか梵天」

梵天祭は秋田県内各地で行われる、秋田特有のお祭りです。大きな竹かごを色とりどりに飾り付けた梵天を、神社に奉納する行事が梵天祭。
梵天は神様が下りてくる場所であり、神聖なものです。各町内や企業、青年会などの団体が梵天を制作し、梵天祭までお供えをしたりお神酒をかけたりして入魂します。
この梵天が通った道は清められるとされ、それぞれの梵天がそれぞれの町内を通り、神社へ向かいます。
神社の前では多くの梵天とそれを担ぐ人衆が激しくぶつかり合い、もみ合います。これが、別名「喧嘩梵天」の由来。
三吉神社は勝負と力の神様。梵天が激しくぶつかり合うほど神様が近くに来てくれるのです。
寒い冬の秋田を代表する熱いお祭り。一見の価値ありです。
画像出典:太平山三吉神社総本宮

「三吉梵天祭」 〈秋田〉

  • 毎年1月17日開催
    午前10時30分~正午
  • 【場所】太平山三吉神社総本宮
    〒010-0041 秋田県秋田市広面字赤沼3の2
  • 【交通】秋田駅より
    タクシー:東口より約6分
    バス:正面口(西口)より【太平方面行き】乗車約10分 《三吉神社入口》下車徒歩2分(秋田中央交通)

公式サイト

フォトレポート

レポートはまだありません

こちらもおすすめ