MIRAI一覧へ
202001/14(火)

日本のお祭り

佐沼どんと祭裸参り

登米地域最大のどんと祭! 燃え上がる炎に無病息災、五穀豊穣、商売繁盛を祈る
2020
01 /14(火)

日本のお祭り

佐沼どんと祭裸参り

登米地域最大のどんと祭! 燃え上がる炎に無病息災、五穀豊穣、商売繁盛を祈る

1978年(昭和53年)6月に発生した宮城沖地震。その復興を願って始まった佐沼どんと祭。「どんと」とは小正月に行われる火祭りの行事のことで、地方によって「とんど」「どんど」とも称されます。主会場となるのは1614年(慶長19年)に創建された津島神社です。

燃え上がる炎に、裸参りや参拝者が無病息災や五穀豊穣、商売繁盛などを祈るどんと祭は、津島神社を主会場に、毎年たくさんの人が参拝に訪れ、にぎわいます。

また、どんと祭の炎ごしに、冬の夜空に約1.000発の花火が打ち上げられます。数少ない冬の花火大会見物に市内外からたくさんの人が訪れます。

最大級のどんと祭に是非参加してみてはいかがでしょうか。

佐沼どんと祭裸参り 〈宮城〉

  • 毎年1月14日開催
    お問い合わせ:0220-22-3681 登米中央商工会
  • 【場所】登米市迫町佐沼 羽黒神社、津島神社、一市・八日町通り
    宮城県登米市迫町佐沼字西佐沼147
    ※花火大会の会場は石越総合運動公園
  • 【交通】【車】三陸自動車道「登米」ICより約10分

公式サイト

フォトレポート

レポートはまだありません

こちらもおすすめ