MIRAI一覧へ
202001/07(火)

日本のお祭り

御影新田の道祖神祭

江戸時代から300年以上続く長野県指定無形民俗文化財の伝統行事
2020
01 /07(火)

日本のお祭り

御影新田の道祖神祭

江戸時代から300年以上続く長野県指定無形民俗文化財の伝統行事

毎年1月7日に長野県・小諸市御影地区にて開催される「御影新田の道祖神祭」は、江戸時代から300年以上続く長野県指定無形民俗文化財の伝統行事となっております。
小学生高学年が主体となり、御影地区の中央で上宿、下宿2台の山車が激しくぶつけ合い、五穀豊穣、子孫繁栄、家内安全を祈願します。
山車の周囲には、子どもの誕生祝いと健やかな成長を祈願した名入れほおずき提灯が飾られ、勇壮な祭りに華やかさを添えます。

御影新田の道祖神祭 〈長野〉

  • 毎年 1月7日
    開催時間:18:00~21:00
    ※18:00~19:30 山車の出発 上宿、下宿それぞれ 山車からの護符まき
    19:30~ 山車のぶつけ合い
    お問い合わせ:0267-22-1700 小諸市役所商工観光課
  • 【場所】小諸市御影地区
    長野県小諸市御影新田
  • 【交通】【車】上信越自動車道佐久北ICから5分
    【公共交通】JR小海線「小諸」駅からタクシー約10分

公式サイト

フォトレポート

レポートはまだありません

こちらもおすすめ