MIRAI一覧へ
202003/07(土)~ 202003/08(日)

日本のお祭り

「百人御物参(ももそおものまいり)」

琉球王国時代の神女が、首里城や聖域を参拝する独特の伝統的な宗教儀式を今によみがえらせる
2020
03 /07(土)

2020
03 /08(日)

日本のお祭り

「百人御物参(ももそおものまいり)」

琉球王国時代の神女が、首里城や聖域を参拝する独特の伝統的な宗教儀式を今によみがえらせる

琉球王国には政治をつかさどる男性たちの表の世界に対して、女性が取り仕切る内の世界「御内原」と呼ばれる場所がありました。琉球国王以外は、基本的に男性は入ることができないまさに奥の世界です。琉球を統治していたのは琉球国王ですが、国王に助言を与える立場の神女の影響力と権限はかなりのものであったと言われます。
信仰をつかさどる聞得大神を頂点とした神女たちは、国王の長寿や子孫繁栄、航海の安全、国土の安寧、そして五穀豊穣を祈願するという大切な役目がありました。この百人御物参とは、首里城だけではなく御嶽と呼ばれる聖域にて、神女たちが神に祈りを捧げる大切な祭祀です。
当時は琉球王国全土にある御嶽で行われていました。普段は首里城の内の存在である神女たちが、首里城の正殿前に現れ、内と表が一体となる重要な儀式。この琉球王国時代の祭祀を現代に蘇えったかのように、神女たちが祈りを捧げる興味深い首里城の年間行事です。

「百人御物参(ももそおものまいり)」 〈沖縄〉

  • 1回目:12時00分~13時00分
    2回目:15時00分~16時00分
    ※首里城正殿における火災のため、一部施設をのみ開園。立入制限を設けている箇所があります。
    ※今後の開園・開場に関する最新情報につきましては、確認状況に応じてご案内いたします。
    【お問い合せ先】首里城公園管理センターTEL:098-886-2020
  • 【場所】首里城正殿前御庭~下之御庭~京の内
    ※首里城正殿前御庭での観覧は、入場料金が必要です。
  • 【交通】那覇空港駅から「ゆいレール」に乗車。
    首里駅にて下車。 徒歩約15分で守礼門に到着。(下記マップ参照)
    首里駅からは首里駅前バス停より路線バスも出ています。
    首里城前バス停にて下車。徒歩1分で守礼門到着。

公式サイト

フォトレポート

レポートはまだありません

こちらもおすすめ