MIRAI一覧へ
202007/11(土)

日本のお祭り

<中止>「隅田川花火大会」

新型コロナウイルス感染症拡大の状況を鑑み中止が決定されました。 東京の夏の風物詩で欠かせない! 隅田川沿いで2万発以上の花火が咲き乱れる!
2020
07 /11(土)

日本のお祭り

<中止>「隅田川花火大会」

新型コロナウイルス感染症拡大の状況を鑑み中止が決定されました。 東京の夏の風物詩で欠かせない! 隅田川沿いで2万発以上の花火が咲き乱れる!

公式HPより「隅田川花火実行委員会は7月11日(土)の花火大会実施に向け、準備を進めてまいりましたが、新型コロナウイルス感染症拡大の状況を鑑み、感染症拡大防止及び地元の皆様や来場されるお客様の健康と安全確保を第一として、令和2年の開催は中止を決定いたしました。また、延期開催もございません。
開催を楽しみにされていた皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。」


古くは江戸時代、8代将軍・吉宗の時代。享保の飢饉や疫病で亡くなった人々の霊を鎮める為に、大川(隅田川)の川開きの際に花火を打ち上げたのが始まりと言われています。その花火の打ち上げで活躍したのが江戸の職人集団、『玉屋(たまや)』と『鍵屋(かぎや)』。有名な花火の掛け声も、ここから来ています。
以来、江戸の夏の風物詩として続いてきましたが、途中、何度か中断したものの、昭和53年(1978年)以降、『隅田川花火大会』として復活してからは、年々スケールアップし総打ち上げ数2万発以上、観客動員数95万人!と、日本最古にして最大級の規模を誇る花火大会です。
始まりから終わりまで、息つく暇もないほどに打ち上げられる花火はまさに圧巻! 有料観覧席や屋形船でみるには早めのチケットの手配(5~6月)、周辺には穴場スポットも結構あるので、諦めずにチェックして繰り出してみてほしい花火大会です。

<中止>「隅田川花火大会」 〈全国〉

  • ※隅田川花火大会は、慣例として、毎年、7月の最終土曜日に開催していますが、2020年隅田川花火大会は、東京2020オリンピック競技大会期間と日程が重なるため、7/11に開催されます。
    隅田川花火大会は例年7月の最終土曜日に開催。荒天等のため実施できない場合は翌日に延期し、両日とも実施できない場合は中止。
    なお、実施の可否の判断は、原則として当日の午前8時。
  • 【場所】第一会場:桜橋下流〜言問橋上流 (株)丸玉屋小勝煙火店
    第二会場:駒形橋下流〜厩橋上流 (株)ホソヤエンタープライズ
  • 【交通】第一会場:浅草駅・押上駅・東京スカイツリー駅・曳舟駅下車
    第二会場:浅草駅・蔵前駅・両国駅・浅草橋駅

公式サイト

フォトレポート

レポートはまだありません

こちらもおすすめ