MIRAI一覧へ
202007/31(金)

日本のお祭り

「堺大魚夜市」

堺の夏には欠かせない、700年の歴史を誇る伝統行事
2020
07 /31(金)

日本のお祭り

「堺大魚夜市」

堺の夏には欠かせない、700年の歴史を誇る伝統行事

堺大魚夜市(さかいおおうおよいち)は、鎌倉時代に始まったとされ700年の歴史を持つ伝統行事。
住吉大社の夏越祓神事の際の神輿渡御に合わせて地元漁師が魚を奉納~大浜海岸に魚市が立ったとされるのがその由来です。
戦争での中断や大浜海岸の埋め立てによって開催場所の変更などがあったものの、現在まで受け継がれている地元住民に欠かせない夏のお祭りです。
一番の見どころは、豪快な魚セリ。威勢のいい掛け声とともに、新鮮な魚介を求める人で最高潮の盛り上がりを見せます。また、夜店も沢山立ち並び、30分だけだが花火大会も行われます。雑誌、各種メディアで紹介されていないので大阪の花火大会の穴場と言われているとか。花火をゆっくり楽しみたい方は、対岸の大浜北公園がこれまた穴場スポットなので、魚セリ会場からの移動はお早めに(※要入場整理券)。

「堺大魚夜市」 〈大阪〉

  • 開催日時:毎年7月31日 午後1:00~午後9:30
    ※花火の鑑賞には入場整理券が必要です。
  • 【場所】堺市大浜公園
    〒590-0974 大阪府堺市堺区大浜北町4丁3−50
  • 【交通】南海本線 堺駅
    阪神高速堺線 堺出口より約5分
    阪神高速湾岸線 大浜出口すぐ

公式サイト

フォトレポート

レポートはまだありません

こちらもおすすめ