MIRAI一覧へ
2024
07 / 17 (水)

2024
09 / 08 (日)

東京国立博物館 創建1200年記念 特別展「神護寺―空海と真言密教のはじまり」

202407/17(水)~ 202409/8(日)

東京国立博物館 創建1200年記念 特別展「神護寺―空海と真言密教のはじまり」

  • ニュース
  • 美術館・博物館・アート展
空海の寺、神護寺。真言密教の源流1200年の至宝集結

本展は、2024年が神護寺創建1200年と空海生誕1250年にあたることを記念して開催します。
京都の西北、高雄に所在する神護寺は、紅葉の名所として古くから知られてきました。唐から帰国した空海が活動の拠点としたことから真言密教はじまりの地となりました。
会場では、空海が唐から請来(しょうらい)した曼荼羅をもとに制作された4m四方の国宝「両界曼荼羅(高雄曼荼羅)」など、空海が生きた時代を感じさせる名品を紹介します。また、「赤釈迦(あかしゃか)」の名で知られる国宝「釈迦如来像」、日本で最も有名な肖像画のひとつである国宝「伝源頼朝像」といった、神護寺に受け継がれる寺宝の数々を一堂に展示します。第5章では「神護寺の彫刻」と題し、寺外初公開の本尊、国宝「薬師如来立像」をはじめ、普段は神護寺にまつられている彫刻を間近でみることができます。
約半世紀ぶりに開催される神護寺展。この夏、1200年を超える歴史の荒波を乗り越え伝わった、貴重な文化財が上野に集結します。中学生以下は観覧料無料です。夏休みのお出かけにもぜひどうぞ。

【開催概要】
会期:2024年7月17日(水)~9月8日(日) ※会期中、一部作品の展示替えを行います。
 前期展示:7月17日(水)~8月12日(月・休)
 後期展示:8月14日(水)~9月8日(日)
開館時間:9:30~17:00 ※金曜・土曜日は19:00まで(ただし8月30日・31日は除く)
※入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜日、8月13日(火)
※ただし、8月12日(月・休)は開館
※総合文化展は、8月13日(火)開館
観覧料(税込):一般 2,100(1,900)円/大学生 1,300(1,100)円/高校生 900(700)円
※( )内は前売料金。販売期間は、2024年5月17日(金)10:00 ~7月16日(火)23:59
※中学生以下、障がい者とその介護者1名は無料。入館の際に学生証、障がい者手帳等をご提示ください。
※東京国立博物館キャンパスメンバーズ会員の学生の方は、当日券を1,100円(200円割引)でお求めいただけます。正門チケット売場(窓口)にて、キャンパスメンバーズ会員の学生であることを申し出、学生証をご提示ください。
※団体料金の設定、シニア割引はございません。
※本展は事前予約不要です。混雑時は入場をお待ちいただく可能性がございます。
※本展チケットで、当日に限り、総合文化展もご覧いただけます。
※会期中、一部作品の展示替えを行います。

その他詳しくは展覧会公式サイトをご覧ください。

東京国立博物館 創建1200年記念 特別展「神護寺―空海と真言密教のはじまり」

公式サイト

 
カレンダー