MIRAI一覧へ
202008/01(土)~ 202008/03(月)

日本のお祭り

<中止>長岡まつり

※新型コロナウィルス感染拡大防止のため中止。日本三大花火大会の一つ~長岡花火は「慰霊・復興を祈念する」花火
2020
08 /01(土)

2020
08 /03(月)

日本のお祭り

<中止>長岡まつり

※新型コロナウィルス感染拡大防止のため中止。日本三大花火大会の一つ~長岡花火は「慰霊・復興を祈念する」花火

明治12年(1879年)、9月14日・15日千手町八幡様のお祭りで、350発の花火を打ち上げたのが長岡花火のはじまり。
以降、先の大戦で中断、昭和20年(1945年)8月1日「長岡空襲」の翌年より「長岡復興祭」として開催、さらにその翌年の復興祭で長岡の花火が「復活」を遂げました。
打ち上げ総数は2日間で20,000発、観客動員数のべ103万人というスケールの大きさから日本三大花火のひとつに数えられています。
日本三大花火とは言えども、長岡の花火は大曲・土浦と全く異なり「花火を競う」のではなく、長岡空襲や中越地震・中越大震災など、戦争や相次ぐ自然災害といった慰霊・復興を祈念するための花火大会。
尺玉(10号玉)を惜しみなく、これでもかというほど打上げる圧倒的なスケール! 打上げられる花火の種類も豊富。見どころは、直径650mもの大輪となる「正三尺玉」やナイアガラ、ミュージック付きスターマイン「米百俵花火・尺玉100連発」。また、全長2kmにも及ぶ「フェニックス」、音楽とシンクロしたストーリー性のある「天地人花火」、「花火この空の花」などは必見です。

<中止>長岡まつり 〈新潟〉

  • 毎年8月1日から3日にかけ、長岡市内で行われる。内容は大きく分けて平和祭・昼行事・大花火大会でありその他にも灯籠流しなどがある。
  • 【場所】長岡市長生橋下流信濃川河川敷
  • 【交通】JR長岡駅(徒歩20分)
  • 【料金】当日販売(陸上競技場フィールド席)
    8月2日(金)、3日(土)午前10時00分 先着順:1,500円

公式サイト

フォトレポート

レポートはまだありません

こちらもおすすめ