MIRAI一覧へ
2022
10 / 08 (土)

2022
11 / 06 (日)

兵庫県立美術館 注目作家紹介プログラム -チャンネル13- 「吉村宗浩 画家とアトリエ―メチエの修行場」

202210/8(土)~ 202211/6(日)

兵庫県立美術館 注目作家紹介プログラム -チャンネル13- 「吉村宗浩 画家とアトリエ―メチエの修行場」

  • ニュース
  • 美術館・博物館・アート展
癖になるような不思議な魅力 吉村宗浩の世界

吉村宗浩(1961- )は神戸市にアトリエを構える画家です。吉村は一般大学を卒業した後、画家への夢を捨てきれず東京の武蔵野美術大学に改めて入学し、そこで油絵を学びました。その当時はニュー・ペインティングと呼ばれる奔放な描線が大画面を覆うようなスタイルの画風が日本を含む世界を席捲しており、吉村もそうした時代の様式に添うような作品を描いていました。しかし大学卒業後ほどなく故郷の神戸にもどってからは、そうした一過性の様式とは無縁の自身の絵画、美術を淡々と追及することを選びます。吉村自身も自分の絵が描けるようになったと思えるようになったのは、それから20年ほどが経った2010年代に入ってからでした。
美術の道を志してから30年をかけてたどりついた現在の吉村の絵画はオーソドックスで古典的な肖像画や風景画です。「絵は内容ではない」「長い時間の中で残るのは美だ」と語る吉村の絵画には特に奇をてらったところはありませんが、どこか現実離れした光景が広がり、独特の魅力をはなち、この10年の間に静かに、そして着実に注目を集めてきました。本展は画家にとっては初の美術館での個展となります。流行や新しさとは無縁の絵画、しかもなお他に替えるもののない美の表現である吉村宗浩の作品をお楽しみください。
なお、会期中、ほとんどの時間を吉村は展覧会場である兵庫県立美術館アトリエ1 での制作に費やす予定です。画家の創作の秘密を垣間見ることができるかも知れません。

※「注目作家紹介プログラム チャンネル」とは?
兵庫県立美術館が2010 年度より毎年度開催してきたシリーズ展です。担当学芸員が今こそ紹介したいと考える注目作家を取り上げ、同時代を生きる作家と来館者とがさまざまな「チャンネル」を通して出会う機会になることを目指しています。

【開催概要】
会期:2022年10月8日(土)~ 11月6日(日)
開館時間:10:00~18:00
休館日:月曜日 ※ただし10月10日(月・祝)は開館し、翌11日(火)休館
観覧料:無料

兵庫県立美術館 注目作家紹介プログラム -チャンネル13- 「吉村宗浩 画家とアトリエ―メチエの修行場」

公式サイト

 
カレンダー