MIRAI一覧へ
2021
03 / 23 (火)

2021
05 / 16 (日)

東京国立近代美術館 : 所蔵作品展「MOMATコレクション」

202103/23(火)~ 202105/16(日)

東京国立近代美術館 : 所蔵作品展「MOMATコレクション」

  • 美術館・博物館・アート展
MOMATコレクションにようこそ!今期は「東北を思う」「春まつり」「あやしい」をご紹介。

千鳥ヶ淵の桜が美しい季節を迎えます。これにあわせて、東京国立近代美術館3階10室では、重要文化財の川合玉堂《行く春》をはじめ、桜を描いた名作が、来館者をお迎え。
また今年の春は、東日本大震災から10年の節目でもあります。同館では、震災から間もない2011年5月から、コレクション展のなかで「東北を思う」という特集を組み、その後も何度か継続してきました。今回は「東北を思う」の展示を振り返り(作品に付された水色のキャプションは2011年当時の解説です)、また震災をめぐる新しい収蔵品も紹介します。
 さらに、1階で開催の企画展「あやしい絵展」に関連して、4階2室で「物語る絵」、3室で「絵画と生命」、5室で「「猟奇」と「尖端」の時代」を、2階ギャラリー4では写真における幻想的な傾向を集めた「幻視するレンズ」を、それぞれ特集します。
ミニマル・アートとコンセプチュアル・アートの先駆者ソル・ルウィットの巨大壁画《ウォール・ドローイング#769 黒い壁を覆う幅36 インチ(90cm) のグリッド。角や辺から発する円弧、直線、非直線から二種類を体系的に使った組み合わせ全部。》(1994 年) が昨年末3月に「建物を思う部屋」として完成しました。ソル・ルウィットのウォール・ドロ ーイング作品が収蔵・展示されるのは、国内の美術館として初めてです。現代アートを味わう新しい空間も、併せてお楽しみください。
今期も盛りだくさんのMOMATコレクション。どうぞお見逃しなく!

【同時開催】企画展:あやしい絵展

【開催概要】
会期:2021年3月23日(火)~5月16日(日)
開館時間:10:00~17:00、金曜・土曜は20:00まで開館(いずれも入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜日(ただし3月29日、5月3日は開館)、5月6日(木)
観覧料: 一般 500円(400円)/大学生 250円(200円)
※( )内は20名以上の団体料金。いずれも消費税込
※17時から割引(金曜・土曜): 一般 300円/大学生150円
※高校生以下および18歳未満、65歳以上、「MOMATパスポート」をお持ちの方、障害者手帳をお持ちの方とその付添者(1名)は無料。入館の際に、学生証、運転免許証等の年齢の分かるもの、障害者手帳等をご提示ください。
※キャンパスメンバーズ加入校の学生・教職員は学生証または教職員証の提示でご観覧いただけます。
※「友の会MOMATサポーターズ」、「賛助会MOMATメンバーズ」会員の方は、会員証のご提示でご観覧いただけます。
※「MOMAT支援サークル」のパートナー企業の皆様は、社員証のご提示でご観覧いただけます。(同伴者1名迄。シルバー会員は本人のみ)

※新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡散防止のため、開催内容、開館時間等が変更になる可能性があります。最新情報は公式サイトでご確認ください。

東京国立近代美術館 : 所蔵作品展「MOMATコレクション」

公式サイト

 
カレンダー