MIRAI一覧へ
2023
01 / 05 (木)

2023
03 / 21 (火)

福岡市美術館 第1回 ホワイトウォールプロジェクト「 田中千智展 地平線と道」

202301/5(木)~ 202303/21(火)

福岡市美術館 第1回 ホワイトウォールプロジェクト「 田中千智展 地平線と道」

  • ニュース
  • 美術館・博物館・アート展
新企画「ホワイトウォールプロジェクト」が始動!

2020年にKYNE《Untitled》が描かれたことで、大きな注目を集めた13mの白い壁。KYNEの作品は2022年12月末に公開終了となりますが、2023年1月5日より、この白い壁で新しいプロジェクトが始まります。
新企画「ホワイトウォールプロジェクト」は、3年に1度、気鋭のアーティスト1組に、壁面を用いた新作を依頼し、あわせて隣接する展示室(近現代美術室B)において、当該アーティストの個展を開催するものです。壁面を用いた新たな作品は3年間展示する予定です(今回は2025年12月末まで)。

記念すべき「第1回ホワイトウォールプロジェクト」は、福岡の画家・田中千智(1980年生まれ)を取り上げます。
田中は、2005年多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻卒業後、2006年より福岡を拠点に作家活動を開始しました。
アクリル絵具を使ったフラットな漆黒の背景に、艶やかな油彩で前景を描くという独自の手法を開拓した田中の作品には、笑みとも怒りともとれる人物の表情、漆黒の中にきらめく風景など、相反する要素が組み合わされ、観る者に強い印象を与え、その想像力をかきたてます。多数の個展・グループ展のほか、書籍の装丁画、小学館新本社ビルの大作壁画など幅広い活動をおこない、いまや福岡を拠点とする代表的な作家のひとりとなっています。
本展では、現在の作風につながる2008年から最新の作品まで田中千智の絵画作品約40点を展示するとともに、田中がホワイトウォールを用いた壁画の制作をおこないます。

【開催概要】
会期:2023年1月5日(木)〜3月21日(火)
開館時間:9:30~17:30(入館は閉館の30分前まで)
休館日:毎週月曜日 ※月曜日が祝日・振替休日の場合はその後の最初の平日
観覧料:一般 200円/高大生 150円/中学生以下 無料

福岡市美術館 第1回 ホワイトウォールプロジェクト「 田中千智展 地平線と道」

公式サイト

 
カレンダー