MIRAI一覧へ
2020
06 / 13 (土)

2020
08 / 30 (日)

中之島香雪美術館 企画展「茶の湯の器と書画―香雪美術館所蔵優品選」

202006/13(土)~ 202008/30(日)

中之島香雪美術館 企画展「茶の湯の器と書画―香雪美術館所蔵優品選」

  • 美術館・博物館・アート展
朝日新聞社の創業者村山龍平の審美眼。

公益財団法人香雪美術館が所蔵する多種多様な美術品の多くは、朝日新聞社の創業者である
村山龍平が収集したものです。
本展では、茶の湯に傾倒した村山が茶事に用いた茶道具や、茶席を飾った平安・鎌倉時代の
かな書き、南宋から元時代の墨跡などの掛軸、また水墨画や浮世絵などの絵画も含めて、
村山コレクションの優品約80点をジャンル別にアラカルトで紹介します。
出雲松江藩主であり茶人でもあった松平不昧が珍重した和歌の掛軸、伝 西行「落葉切」や、
戦前の美術専門誌に掲載されて以降、100年以上表に登場したことがない勝川春章「三都美人図」
など、見どころが詰まっています。この機会をお見逃しなく。
※浮世絵は前期、水墨画は後期にまとめて展示します。

【開催概要】
会期:2020年6月13日(土)~8月30日(日))※8月10日→30日に会期を延長しました。
※会期中一部展示替えがあります。
前期(浮世絵)6月13日(土)~7月12日(日)
後期(水墨画)7月14日(火)~8月30日(日)
休館日 月曜日 ※ただし8月10日(月)は開館、8月11日(火)は休館
開催時間:10:00~17:00 ※入館は16:30まで

中之島香雪美術館 企画展「茶の湯の器と書画―香雪美術館所蔵優品選」

公式サイト

 
カレンダー