MIRAI一覧へ
2022
10 / 08 (土)

2022
11 / 27 (日)

国際芸術祭 BIWAKOビエンナーレ2022 “起源〜ORIGIN”

202210/8(土)~ 202211/27(日)

国際芸術祭 BIWAKOビエンナーレ2022 “起源〜ORIGIN”

  • ニュース
  • 美術館・博物館・アート展
開催10回目となる2022年のテーマは、 “起源〜ORIGIN”

〇BIWAKOビエンナーレとは
【土地の歴史、空間の魅力が芸術によって輝き出す】
滋賀県の琵琶湖を中心に広がる、近江八幡旧市街地、彦根市街地など約24箇所の会場を舞台に、国内外のアーティストが展示を行うアートイベントです。歴史と伝統に根差した興味深い町や会場を歩きながら巡ることで、町に根付いた文化や風土に触れることができます。空間の存在感を生かしながら、さまざまな技法を用いたアーティストたちによる表現作品が、町の魅力と空間を引き出し、空間に新たな命を吹き込みます。
また、空き家や古民家を会場として活用することで、古き良き建物の魅力を再発見し、後世につないでいくための「地域再生」も目的のひとつ。長年放置されている日本家屋を、地元住民や日本全国から集まる有志たちで清掃することから始めています。町の歴史と芸術が重なり合う作品展示によって、五感をフルに使った鑑賞体験をお楽しみください。

〇2022年のテーマ “起源〜ORIGIN”
開催10回目となる2022年のテーマは、 “起源〜ORIGIN”。今もスピードを上げ広がりつつある宇宙、そして我々の起源も、138億年前に起こったビッグバンに集約されます。何億何兆という星や宇宙が生まれまた消えていく。誕生と死は、宇宙でさえ避けることのできない運命です。一人一人の人生も、その縮図なのかもしれません。
何故、宇宙は生まれたのか?我々人類の存在に、意味はあるのか?創造し探求し続ける人間の最も深いところから生まれ出る「アート」の中にこそ、その答えの片鱗を見出すことができるのではないでしょうか。

【開催概要】
会期:2022年10月8日(土) 〜 11月27日(日)
会場エリア:滋賀県 近江八幡旧市街地、沖島、彦根市街地、彦根城、鳥居本など
開場時間:10:00〜17:00 (最終入場 16:30)
休場日:水曜日(最終週の11月23日は開場)
※観覧料など詳しくは公式サイトをご覧ください。

国際芸術祭 BIWAKOビエンナーレ2022 “起源〜ORIGIN”

公式サイト

 
カレンダー