MIRAI一覧へ
2020
08 / 01 (土)

2020
10 / 15 (木)

角川武蔵野ミュージアム 竣工記念展「隈研吾/大地とつながるアート空間の誕生 − 石と木の超建築」

202008/1(土)~ 202010/15(木)

角川武蔵野ミュージアム 竣工記念展「隈研吾/大地とつながるアート空間の誕生 − 石と木の超建築」

  • ニュース
  • 美術館・博物館・アート展
武蔵野、所沢の地に異形の巨大な建築物?! 角川武蔵野ミュージアムの誕生です。

図書、美術、博物の複合施設、"角川武蔵野ミュージアム" がこの夏、プレオープン
しました。その設計者である隈研吾の展覧会が、オープニング記念として開催され
ています。
世界中にある隈建築の中で、いま最も注目されているのは国立競技場と角川武蔵野
ミュージアムだと言えるでしょう。国を代表するスポーツの聖地を、隈はその象徴
的素材として木を多用することで、周囲と調和したものにしました。一方の角川武
蔵野ミュージアムは、花崗岩の板材約2万枚を外壁にまとった、大地が隆起したよう
な建築です。
芸術/アートの語源である古代ギリシャの言葉 "テクネー" は、自然にはないものを
生み出す 〈術〉を意味しました。今回隈が手がけた同ミュージアムは、石とその面
構成による唯一無二の造形性、武蔵野台地とこのミュージアムは地底でつながって
いるという思想、そしてそれらを具現化する高度な技術などが統合された隈研吾の
"アート=術" だと言うことができます。本展では、人間にとって最も身近かつ最
も対照的な自然素材〈石〉と〈木〉を用いた、これら二つの挑戦的建築を軸に、隈
建築の魅力を紹介します。

【開催概要】
会期:2020年8月1日(土)~10月15日(木)
開館時間:10:00~18:00(金・土は10:00~21:00/入館締め切りは閉館30分前)
休館日:火曜日
入場料金:大人(大学生以上)=1,600円/中高生=1,000円/小学生=700円/未就学児=無料
*本チケットで〈マンガ・ラノベ図書館〉も観覧可能。
*完全事前予約制。詳しくは美術館公式サイトをご覧ください。

角川武蔵野ミュージアム 竣工記念展「隈研吾/大地とつながるアート空間の誕生 − 石と木の超建築」

公式サイト

 
カレンダー