MIRAI一覧へ
2024
04 / 06 (土)

2024
06 / 09 (日)

名古屋市美術館 「吉本作次 絵画の道行き」

202404/6(土)~ 202406/9(日)

名古屋市美術館 「吉本作次 絵画の道行き」

  • ニュース
  • 美術館・博物館・アート展
初の本格的な回顧展

1980年代、美術の分野において、空間を演出するインスタレーションという展示形式が隆盛していく中、大画面に「物語」を紡ぐ具象絵画の一群が現れました。「絵画の復権」を強く印象づけた国際的な動向でもある“ニュー・ペインティング”の流れに乗り、名古屋において鮮烈なデヴューを果たしたのが画家・吉本作次(1959年、岐阜県生まれ)です。うねりを伴う力強いストローク(筆触)と重厚な質感、それとは対照的なグラフィカルなイメージや浮遊するような形態が展開する大画面の作品で注目を集めました。
1990年代以降は、新たな表現の模索のためドローイングを繰り返し、中国絵画の筆法から「線」の要素を取り入れていきます。またルネサンス以降のヨーロッパ絵画の主題と構図に着目し、静けさとダイナミズムを併せ持つ表現と寓話的画題へ変貌を遂げました。2005年からは名古屋芸術大学教授を務め、絵画論の講義を担当するなど、理論と実技指導の両面から後進の育成にあたっています。本展では、絵画、ドローイングあわせて約200点の作品を通して、1980年代以降の日本の現代美術における絵画の展開を知る上でも欠くことのできない存在である画家の独自の「道行き」を紹介します。
※吉本作次の「吉」は土に口が正式です。

【開催概要】
会期:2024年4月6日(土)~6月9日(日)
休館日:月曜日[4月29日(月・祝)、5月6日(月・休)は開館]、4月30日(火)、5月7日(火)
開館時間:9:30~17:00、5月3日(金・祝)を除く金曜日は20:00まで
※入場は閉館の30分前まで
入場料:一般 1,500(1,300)円/高大生 900(700)円/中学生以下無料
※( )内は前売及び20人以上の団体料金
※障害のある方、難病患者の方は、手帳または受給者証(ミライロID可)の提示により本人と付添者2名まで、当日料金の半額でご覧いただけます。
※中学生および高大生の方は、当日美術館の受付で証明となるもの(学生証など)をご提示ください。
※名古屋市交通局発行の「ドニチエコきっぷ」「一日乗車券」を当日利用して来館された方は当日料金から100円割引
※「名古屋市美術館常設展定期観覧券」の提示で当日料金から200円割引
※いずれも他の割引との併用はできません。

名古屋市美術館 「吉本作次 絵画の道行き」

公式サイト

 
カレンダー