MIRAI一覧へ
2022
07 / 05 (火)

2022
09 / 11 (日)

BBプラザ美術館 「太田三郎展 人と災いとのありよう」

202207/5(火)~ 202209/11(日)

BBプラザ美術館 「太田三郎展 人と災いとのありよう」

  • 美術館・博物館・アート展
太田三郎の眼差し

日常的な営為に視点を置き、岡山県津山市で独創的な制作活動をつづけている美術家・太田三郎(1950- )。山形県に生まれ、国立鶴岡工業高等専門学校を卒業後に上京し、やがてグラフィックデザインの仕事に携わります。また、仕事の傍ら肖像画や版画制作を始めます。身近な「版画的なもの」を探す中で、電車の切符やレシートといった素材を広義の版画と考え、1984年に切手を素材とした作品を発表しました。
本展では、コロナ禍の「マスク」をモチーフとした切手型作品や、先の戦争において失われた生命や記憶に思いを寄せた《POST WAR》シリーズなど、「人と災い」をテーマにした作品を紹介します。精緻で静謐な太田の作品は、一見多くを語りません。しかし、災厄における人間の存在へと迫ることで、その奥にある、これから生きてゆく全ての人々へのメッセージや問い掛け、太田の眼差しに触れることができるでしょう。本展は展覧会という形をとった、私たちへの宛名の無い手紙でもあるのです。

【開催概要】
会期:2022年7月5日(火) ~ 9月11日(日)
開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日 (祝日の場合は翌日)
※ 7月18日(月・祝)は開館、7月19日(火)は休館
※ 8月6日(土)は13:00以降はギャラリートーク開催のため休館
入館料:一般 400円 (320円) /大学生以下 無料/65歳以上の方、障がいのある方とその付添いの方1名は半額
※( )内は20名以上の団体料金

※ 7月7日(木)は開館記念日のため入館無料

BBプラザ美術館 「太田三郎展 人と災いとのありよう」

公式サイト

 
カレンダー