MIRAI一覧へ
2021
03 / 06 (土)

2021
06 / 22 (火)

富山市ガラス美術館「高橋禎彦 playtime」

202103/6(土)~ 202106/22(火)

富山市ガラス美術館「高橋禎彦 playtime」

  • 美術館・博物館・アート展
ガラスの反応と対話しながら作品を生み出す

高橋禎彦(1958~)は、多摩美術大学でガラス制作を学び、在学中に京都で開催された世界クラフト会議に参加したことをきっかけに、ガラス作家の道を歩みます。会議のなかで、ガラスで自由な表現を切り拓く海外作家たちに触発された高橋は、その後様々な方法を作品に取り入れながら、ガラスの多彩な表情を引き出してきました。
特に溶けたガラスを扱うホットワークによる作品は、制作のなかで感じるガラスの粘性や動きを生かして作られています。柔らかなフォルムや滑らかな表面は、溶けたガラスの重みや遠心力といった、素材に加わる原理的な力をコントロールしながら、無駄のない動作によって形作られます。ガラスの反応と対話するなかで、遊ぶように素材に働きかける高橋の作品はどこか謎めいた姿をもち、その感触について見るものの想像を促します。
本展では、今回新たに制作された作品を中心に、高橋の近年の活動をご紹介します。コラージュのように異なるパーツが組み合わされた「謎」や、生きることと向き合うなかで生まれた「置いてきたもの」といった作品から、高橋の作品がもつ魅力に迫ります。

【開催概要】
会期:2021年 3月 6日(土)~ 6月 22日(火)
開場時間:9:30~18:00(金・土曜日は20:00まで、入場は閉場の30分前まで)
※初日のみ開会式(10:30~)終了後開場
閉場日:3月17日、 4月7日、 4月21日、 5月12日、 5月19日、 6月9日、 6月16日
観覧料:一般800円(600円/大学生600円(500円)
●インタラクション:響きあうこころ展(3月14日まで開催)との共通観覧券:一般1,200円(1,000円)/大学生800円(600円)
●2021年4月同時開催企画展との共通観覧券:一般1,400円(1,200円)/大学生1,200円(1,000円)
●( )内は20名以上の団体 ● 高校生以下は無料 ● 本展観覧券で常設展も観覧可

富山市ガラス美術館「高橋禎彦 playtime」

公式サイト

 
カレンダー