MIRAI一覧へ
2022
09 / 30 (金)

2022
11 / 13 (日)

岐阜県美術館 開館40周年記念「前田青邨展 究極の白、天上の碧-近代日本画の到達点-」

202209/30(金)~ 202211/13(日)

岐阜県美術館 開館40周年記念「前田青邨展 究極の白、天上の碧-近代日本画の到達点-」

  • ニュース
  • 美術館・博物館・アート展
そこには絵への、愛がある。

中津川市出身で大正から昭和の日本美術院で中核を担った日本画家、前田青邨(まえだせいそん)(1885-1977)の回顧展を開催します。
青邨は16歳で梶田半古(かじたはんこ)に師事し、写生と古画研究によって実力を身につけました。また、尊敬する岡倉天心(おかくらてんしん)や下村観山(しもむらかんざん)からも指導を受けながら、同世代の精鋭と研鑽を積みました。そして、朝鮮半島や中国への旅行、欧州留学によって異文化を体験する中で日本画の将来性の確信を得、以後92歳まで意欲的な制作を続けました。
歴史人物画の名手として知られ、中でも2010年に重要文化財に指定された《洞窟の頼朝》(大倉集古館蔵)が有名ですが、本展ではこの名作が全期間通しで展観されます。さらにルネサンス期の壁画に触発されたモニュメンタルな大作《羅馬使節(ローマしせつ)》(早稲田大学 會津八一記念博物館蔵)は約40年ぶりの郷土での公開となります。日本画の技法で表された自画像の名品《白頭》(東京藝術大学蔵)、やまと絵に学んだ華麗な色彩が目を惹く《紅白梅》(ひろしま美術館蔵)等の代表作も集結します。依頼に応じて楽しみながら描いた小品も厳選して、初期から晩年まで100点を超える作品群によって、稀有なる日本画の巨匠・前田青邨の全貌をご紹介します。

【開催概要】
会期:2022年9月30日(金)~11月13日(日)
 前期:9月30日(金)~10月23日(日)
 後期:10月25日(火)~11月13日(日)
開館時間:10:00~18:00 ※夜間開館:10月21日(金)は20:00まで開館
※展示室の入場は、閉館の30分前まで
休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)
観覧料:一 般 1,300 (1,200)円/大学生1,000(900)円/高校生以下 無料
※( )内は20名以上の団体料金
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、難病に関する医療費受給者証の交付を受けている方とその付き添いの方(1名まで)は無料
※前売りは当日料金から200円引き

※感染症拡大防止対策のため、延期・中止する場合があります。

岐阜県美術館 開館40周年記念「前田青邨展 究極の白、天上の碧-近代日本画の到達点-」

公式サイト

 
カレンダー