MIRAI一覧へ
2021
07 / 21 (水)

2021
08 / 19 (木)

フジフイルム スクエア 織作峰子写真展 「HAKU graphy Hommage to Hokusai」

202107/21(水)~ 202108/19(木)

フジフイルム スクエア 織作峰子写真展 「HAKU graphy Hommage to Hokusai」

  • 美術館・博物館・アート展
写真家 織作峰子が捉えた富士山

写真家織作峰子は、2017年にHAKU graphy*1を発表以来、日本の伝統工芸である箔と写真の融合を試みてきました。印画紙や和紙にプリントをする工程とは違い、デリケートな箔に美しいプリントをするための大きな力となったのが、富士フイルムの『Acuity』*2です。デジタル技術の発達で、プリント素材や色表現にも可能性が広がり、photograph(光の粒子で描く画)の持つ意味にも近づいたことを実感しました。
本展では、北斎へのオマージュとして、織作が富士フイルムのラージフォーマットデジタルカメラGFXを携え「冨嶽三十六景」の作品が描かれたポイントを巡り、世界に誇る美しい独立峰「富士山」に祈りを捧げながらシャッターを押した作品を展示します。
日本人の心のふるさと富士山を、織作峰子ならではの感性で捉え、独自の手法で表現した富士山を、同期間、富士フイルムフォトサロン 東京スペース1、2で開催されるフジフイルム スクエア 企画写真展 「日本人の魂・冨嶽今昔(こんじゃく)三十六景」~北斎と4人の巨匠たち~と併せてお楽しみ下さい。

*1 HAKU graphy : 純金やプラチナ、銀やアルミ箔にインクジェットプリンターで紫外線硬化型(UV)インクを吹きつけて制作する、新しい写真作品表現のことを織作峰子が名付けたもの

*2 Acuity : さまざまな素材・サイズのメディアに高画質な画像をプリントできる、富士フイルムの業務用ワイドフォーマットUV(紫外線硬化型)インクジェットプリントシステム

【開催概要】
会期:2021年7月21日(水)~8月19日(木)
開館時間:10:00~19:00 (最終日は14:00まで/入館は終了10分前まで)
※会期中無休
会場:FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)内、富士フイルムフォトサロン 東京 スペース3
入館料:無料

※ 写真展はやむを得ず、中止・変更させていただく場合があります。予めご了承ください。

フジフイルム スクエア 織作峰子写真展 「HAKU graphy Hommage to Hokusai」

公式サイト

 
カレンダー