MIRAI一覧へ
2021
03 / 20 (土)

2021
05 / 16 (日)

島根県立石見美術館 : ファッション イン ジャパン1945-2020―流行と社会 

202103/20(土)~ 202105/16(日)

島根県立石見美術館 : ファッション イン ジャパン1945-2020―流行と社会 

  • 美術館・博物館・アート展
  • その他
戦前から現代まで、日本のファッションの歴史を通観することが出来るまたとない展覧会

1970 年代以降、日本の装いの文化は、その独自の展開から世界からも注目されてきました。そのユニークさと魅力はどこからきたのでしょうか。
明治期以降、近代化を進めた日本の社会は大きく変化しました。衣生活も例外ではありません。洋装をとりいれ、洋服と和服を公私によって使い分けていた時代を経て、第二次世界大戦後には洋服が日常着として定着します。こうした衣生活の変化を受け継ぎ、戦後には独自の装いの文化が花開きました。
本展では、戦後から現在に至るまでの日本のファッションを、衣服やアイデアを創造するデザイナー(発信者)と、衣服を身につけ、時に時代のムーヴメントを生み出すこともあった消費者(受容者)サイドの双方向からとらえ、その両者をつないだメディアも参照し、概観します。衣服だけでなく、写真、雑誌、映像といった豊富な資料を通して、各時代のファッションと社会のあり様を紐解いていきます。戦後日本のファッションについて再考する試みは、わたしたちが生きる現在、そして未来のファッションと社会のありようについての対話を生み出すまたとない機会となるでしょう。

【開催概要】
会期:2021年3月20日(土・祝)~5月16日(日)
開館時間:9:30~18:00(展示室への入場は17:30まで)
休館日:火曜日(5月4日は開館)
観覧料:一般1,200円(950円) 大学生600円(450円) 小中高生300円(250円)
※上記観覧料で、島根会場特別展示「コズミックワンダーと工藝ぱんくす舎 ノノ かみと布の原郷」観覧可
※( )内は20名以上の団体料金
※小中高生の学校利用は入場無料
※各種障がい者手帳、被爆者健康手帳をお持ちの方およびその介助者(1名様まで)は入場無料

島根県立石見美術館 : ファッション イン ジャパン1945-2020―流行と社会 

公式サイト

 
カレンダー