MIRAI一覧へ
2020
10 / 16 (金)

2020
11 / 16 (月)

映画『博士と狂人』公開

202010/16(金)~ 202011/16(月)

映画『博士と狂人』公開

メルギブ×ショーン・ペンで、英国版『舟を編む』?世界最大の辞典「オックスフォード英語大辞典」の誕生秘話が壮絶!

「メル・ギブソンとショーン・ペンがダブル主演」と聞いただけで、傑作の予感すぎて垂涎。期待通りの稀代の傑作だ!企画から第一版の刊行までに70年を要したという世界最高峰の辞典「オックスフォード英語辞典(通称OED)」編纂の中核を担った2人は、公式な学士は持たず、独学で数十の語学を習得したスーパーポリグロット(他言語話者)と、従軍によるPTSDで被害妄想に陥り殺人まで犯してしまった元医師。事実は小説より奇なりと言うが、どっひゃー!である。どちらにしても尋常じゃない一線の向こう側にいる彼らのクレバー過ぎる会話。ふたりの超級俳優の緻密な演技合戦が楽しい!

一方で、2人の主人公を支える女性たちがまた素晴らしかった。「狂人」に夫を殺された未亡人が、赦しと愛を見いだし「学び」という新しい刺激に触れた時の、パアッと輝く瞳。急に血が通ったようにバラ色に染まった頬が忘れられない。真面目に、愚直に、信念を貫き通す強さは、天才ゆえか狂気ゆえか?その線引きは難しいけれど、学び、赦し、救い、善き人であろうと律し続けた人の姿は美しかった。「償い」とは何だろう。今でもグルグルと脳内を駆け巡る!

独学であらゆる言語を習得した「博士」は、世界の万物を記録する辞典の編纂員として異例の大抜擢を受け意気揚々。しかし変わり続ける「言葉」のスピードに追いつけず絶望。そこへ常人とは思えぬ処理能力で次々に問題を解決する謎の文通相手が現れる。知的好奇心が満たされる刺激的な日々。しかし、その助っ人の素性をすっぱぬくスキャンダルが彼らを窮地に陥れることに…?最高潮まで膨れ上がった波の反動はおびただしい臭気を伴って、未来を打ち砕いてゆく。肉体の生気をも操り、屍のようになってゆくショーン・ペンの後半の演技は、まさに別格!

©2018 DEFINITION DELAWARE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
※公開期間は目安です。全劇場での上映期間を保証するものではありません。

映画『博士と狂人』公開

公式サイト

 
カレンダー