MIRAI一覧へ
2019
11 / 30 (土)

2020
02 / 09 (日)

練馬区立美術館「没後10年 品川工展 組み合わせのフォルム」

201911/30(土)~ 202002/9(日)

練馬区立美術館「没後10年 品川工展 組み合わせのフォルム」

「造形作家」品川工の軌跡

品川工(1908~2009)は、新潟県柏崎市に生まれ、練馬区に居住した作家です。
モホイ=ナジの著書“Von Material zu Architektur(材料から建築へ)”に感銘を受け、紙彫刻や
オブジェなどの制作を始め、1935年から恩地孝四郎に師事し、本格的な版画制作に入ります。
また木版画を学びながら、その他の様々な版画表現を試みたり、ユーモラスなオブジェや
モビールなども制作し、著書も残しています。
本展では、品川が生みだした様々な造形を素材やフォルムの組み合わせに注目し、その表現の
軌跡を辿ります。親しみやすい造形ながら、鋭い実験精神に裏打ちされた品川の作品約70点を
お楽しみください。

没後10年 品川工展 組み合わせのフォルム
会期:2019年11月30日(土)~2020年2月9日(日)
休館日:月曜日 (ただし1月13日(月・祝)は開館、翌14日(火)は休館
     年末年始 12月29日~1月3日)
開館時間:10:00~18:00 *入館は17:30まで

練馬区立美術館「没後10年 品川工展 組み合わせのフォルム」

公式サイト

 
カレンダー