MIRAI一覧へ
2020
07 / 23 (木)

2021
08 / 29 (日)

十和田市現代美術館 『Arts Towada 十周年記念 「インター+プレイ」展 第1期』

202007/23(木)~ 202108/29(日)

十和田市現代美術館 『Arts Towada 十周年記念 「インター+プレイ」展 第1期』

  • ニュース
  • 美術館・博物館・アート展
遊ぶ、演じる、こだまする アートがつなぐ人とまち

十和田のまちを美術館にするプロジェクト“Arts Towada”が10周年を迎えるのを記念して、全3期にわたって開催される展覧会「インター+プレイ」展。
2021年8月29日まで第1期が開催中で、多くの人が楽しんでいます。3期を通じて、身近なものをモチーフに私たちの五感を刺激する作品をつくる鈴木康広が、ベンチにもなる大型の野外彫刻を設置。引力をもち、そのパワーが外側へと広がっていく十和田の姿を表現しています。また、近年芸術祭や大規模個展で注目を集めている目[mé]は、まちなかの建物に真っ白なギャラリー空間を唐突に出現させます。
第1期では津田 道子、evala、松原 慈の作品を紹介。evala《Anechoic Sphere-Haze》作品は、先着順に整理券を配布し案内しているため、観覧できる人数に限りがあります。ご観覧いただけない場合がありますので、ご了承の上お出かけください。

【開催概要】
会期:2020年7月23日(木) ~ 2021年8月29日(日)
開館時間:9:00 ~17:00(入場は閉館の30分前まで)
休館日:月曜日(臨時開館、休館については公式サイトをご確認ください。)
観覧料:
企画展+常設展セット券1200円。
企画展の個別料金は一般800円。団体(20名以上)100円引き。高校生以下無料。

十和田市現代美術館 『Arts Towada 十周年記念 「インター+プレイ」展 第1期』

公式サイト

 
カレンダー