MIRAI一覧へ
2021
06 / 04 (金)

2021
07 / 04 (日)

シネマ歌舞伎『鰯賣戀曳網』公開

202106/4(金)~ 202107/4(日)

シネマ歌舞伎『鰯賣戀曳網』公開

中村勘三郎×坂東玉三郎の黄金カップルがスクリーンに蘇る!「三島歌舞伎」唯一のコメディ人情劇を堪能あれ!

平成元年から20年に渡り再演を繰り返した中村勘三郎×坂東玉三郎の十八番がシネマ歌舞伎としてカムバック!悲恋も喜劇も絶妙なコンビネーションを発揮したゴールデンコンビの最後の舞台が、こんなにきっちり残されていたとはありがたい!平成21年の「さよなら歌舞伎座」公演で披露された最期の勘三郎×玉三郎版『鰯賣戀曳網』。この翌年ごろから闘病を繰り返し荼毘に付した18代目勘三郎の魅力を余すことなく披露したお茶目でチャーミングな本作。三島由紀夫作はと思えない、明るく弾けたラブコメは、恋のすれ違いと、運命の赤い糸を、ドラマティックかつ洒落っ気たっぷりに紡ぎ、歌舞伎初心者にもオススメの一作!本編前15分ほどは玉三郎の特別インタビューも収録され、今作の魅力解説・裏話に留まらず、三島由紀夫や中村勘三郎との長年の交流エピソードも披露されワクワクが止まらない。現在は、勘三郎の実息、勘九郎・七之助兄弟の十八番となっている『鰯賣戀曳網』。世代を超えて受け継がれる名作が、改めて大画面で観られる幸せを噛み締めて!

「イワシ買うえい〜!」五條橋のたもとで、日々イワシを口上売りする猿源氏だが、最近は声に力がなく足もフラフラ。心配した隠居の父親が訳を聞くと恋の病。御簾の間から一目見た遊女・蛍火の美しさに心を奪われ仕事が手に付かないという。息子のために恋の三文芝居を思いついたご隠居は、馬商人の六郎左衛門も仲間に引き入れ、猿源氏を偽大名に仕立て上げて廓へと向かうのだが、実は蛍火にもかねてより思いを寄せている「運命の人」がいて…?笑いに次ぐ笑いで畳み掛けるラブコメディ。

©松竹
※公開期間は目安です。全劇場での上映期間を保証するものではありません。
また、新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)の影響で、上映予定の変更が行われている場合もあります。

シネマ歌舞伎『鰯賣戀曳網』公開

公式サイト

 
カレンダー