MIRAI一覧へ
2020
10 / 13 (火)

2020
12 / 06 (日)

静嘉堂文庫美術館 「能をめぐる美の世界~初公開! 彌之助愛蔵から120年・新発田藩主溝口家旧蔵能面コレクション~」展

202010/13(火)~ 202012/6(日)

静嘉堂文庫美術館 「能をめぐる美の世界~初公開! 彌之助愛蔵から120年・新発田藩主溝口家旧蔵能面コレクション~」展

  • 伝統行事・お祭り
  • 美術館・博物館・アート展
大名家秘蔵の能面コレクションをまるごと一挙初公開!

日本文化を代表し、ユネスコの無形文化遺産にも登録されている古典芸能、能楽。
もともと、個性的ないくつもの座に分かれ、それぞれ五穀豊穣、天下泰平を祈る
神事芸能の面を持つと同時に、物まねや舞など民衆に密着した娯楽性の強い芸を
披露していましたが、14世紀末頃からは室町将軍家の庇護を受けるようになり、
観阿弥及び息子の世阿弥の活躍を機に、急速に洗練の度を加えていきました。
江戸時代には武家の式楽(儀式などで用いられる楽)となり、特に大名家と密接な
関係を持つようになったのは大きな特徴といえるでしょう。この能楽を、謡(詞章)
と共に支えているのが、多彩な能面の数々です。
本展では、静嘉堂所蔵の越後国新発田藩主溝口家旧蔵能面コレクション67面を
岩﨑彌之助購入後、120年を経て初公開します。

【開催概要】
会期:2020年10月13日(火)~12月6日(日)
休館日:毎週月曜日(但し、11月23日は開館)、11月24日(火)
開館時間:10:00~16:30(入館は16:00まで)
※新型コロナウィルス感染予防及び防止のため、予定を変更する場合がございます。
 静嘉堂文庫美術館のホームページ等で最新の情報をご確認下さい。

静嘉堂文庫美術館 「能をめぐる美の世界~初公開! 彌之助愛蔵から120年・新発田藩主溝口家旧蔵能面コレクション~」展

公式サイト

 
カレンダー