MIRAI一覧へ
2020
09 / 05 (土)

2020
10 / 18 (日)

海のみえる杜美術館「歌仙をえがく -歌・神・人の物語-」

202009/5(土)~ 202010/18(日)

海のみえる杜美術館「歌仙をえがく -歌・神・人の物語-」

  • 美術館・博物館・アート展
歌仙絵で知る、和歌の豊かな世界

31文字に豊かな世界を詠む和歌は宮廷文化の基盤を支え、書や絵画など多様な視覚芸術を生み出して
きました。そのひとつに、優れた和歌を詠んだ歌人を「歌仙」と呼び称揚し、その肖像を描く歌仙絵
があります。
平安時代末に始まった歌仙絵は中世を通して隆盛し、歌の上達を願って神仏に奉納されることもあり
ました。江戸時代にはいると、天皇を中心とした王朝文芸復興の気運の中で、歌仙絵も新たな盛り
上がりを見せます。
同時に、徳川将軍家を中心に歌仙画帖が盛んに作られたことは、武家もまた歌仙絵を文化的権威を
もたらす絵画として重視したことを示しています。また、歌仙を主題とした版本が刊行され、歌仙と
その和歌は江戸の庶民の教養として広く浸透し、浮世絵にもその姿を留めていくのです。
本展では、江戸時代を中心に、歌仙たちがいかに描かれ、物語られ、そして愛されてきたかを、所蔵
品によってたどります。

【開催概要】
会期:2020年9月5日(土)〜10月18日(日)
開館時間:10:00〜17:00(最終入場時間 16:30)
休館日:月曜日、9月23日(水)
※ただし、9月21日(月・祝)は開館

海のみえる杜美術館「歌仙をえがく -歌・神・人の物語-」

公式サイト

 
カレンダー