MIRAI一覧へ
2020
09 / 19 (土)

2020
11 / 08 (日)

もうひとつの江戸絵画 大津絵

202009/19(土)~ 202011/8(日)

もうひとつの江戸絵画 大津絵

  • 美術館・博物館・アート展
何としても手に入れたい 誰がための画か 民衆から文化人へ 欲しい!欲しい!欲しい!

9月19日(土)より東京ステーションギャラリーにて「もうひとつの江戸絵画 大津絵」が開催されます。

ところで「大津絵」をご存知でしょうか?これは江戸時代の民画(庶民の生活を画材の中心とした画のこと)で、東海道の宿場、大津周辺で量産された手軽な土産物でした。
主として歴史資料、民族資料として扱われるため博物館や資料館での展覧が多く、美術館での開催はあまりありませんでした。

そこで今回東京ステーションギャラリーでは、大津絵を美術として捉え直したのです。狩野派でも琳派でもない。若沖など奇想の系譜や浮世絵でもない。江戸絵画としての大津絵の魅力に迫ります。

安価な土産物だった大津絵はその後、富岡鉄斎、浅井忠、柳宗悦など審美眼を持ち合わせた名だたる文化人たちが着目し始めます。こうした傾向は太平洋戦争後も続いたのです。

本展では旧蔵歴の明らかな、名品揃いの大津絵を約150点展示いたします。(会期中展示替えあり)どうぞもうひとつの江戸絵画、大津絵をじっくりとご観覧下さい。

もうひとつの江戸絵画 大津絵

公式サイト

 
カレンダー