MIRAI一覧へ
2020
07 / 17 (金)

2020
08 / 31 (月)

巨大映像で迫る北斎/広重/宗達/光琳~浮世絵と金屏風の世界~(開催延期となりました)

202007/17(金)~ 202008/31(月)

巨大映像で迫る北斎/広重/宗達/光琳~浮世絵と金屏風の世界~(開催延期となりました)

  • 美術館・博物館・アート展
日本美術史上、最大の衝撃。

日本の伝統美術をデジタル技術と映像で演出するデジタルアート展が7月17日(金)より大手町三井ホールにて開催されます。桃山時代から江戸時代の歴史的美術作品が超高精細デジタルアートとなって蘇ります。
20億画素で和紙の繊維一本一本(0.05mm程度)の微細な質感や彫師、摺師の匠の技を精巧に再現した浮世絵は、葛飾北斎の「富嶽三十六景」や歌川広重の「東海道五十三次」。
金箔をはじめ、切箔、金砂子、金泥など、素材や表現の緻密な違いまでも再現した金屏風では、俵屋宗達の「風神雷神図屛風」に尾形光琳の「菊図屏風」など。
最高傑作を巨大スクリーンにて一挙公開いたします。ダイナミックな3面ワイド45mスクリーンに高輝度4Kプロジェクター8台で映し出す世界は、古の人々の息づかいまで聞こえてきそうなアート空間です。
デジタル映像で公開される作品は約50点。作品リストは公式HPにて近日公開されるそうですのでこちらもチェックしてみて下さい。
アートと音楽をコラボレーションさせた新感覚アートエキシビション。最先端のいにしえ体験はいかがですか?

巨大映像で迫る北斎/広重/宗達/光琳~浮世絵と金屏風の世界~(開催延期となりました)

公式サイト

 
カレンダー