MIRAI一覧へ
2022
10 / 08 (土)

2023
01 / 09 (月)

東京ステーションギャラリー 「鉄道と美術の150年」

202210/8(土)~ 202301/9(月)

東京ステーションギャラリー 「鉄道と美術の150年」

  • ニュース
  • 美術館・博物館・アート展
鉄道と美術の一筋縄ではいかない、ただならぬ関係

鉄道150年の歴史を、美術とともにたどる旅。
今年150周年を迎える日本の鉄道は、明治5(1872)年に新橋―横浜間で開業しました。奇しくも「美術」という語が初めて登場したのも明治5年のことです。(*)鉄道と美術は、日本の近代化の流れに寄り添い、また時にはそのうねりに翻弄されながら、150年の時を歩み続けてきました。
この展覧会では、鉄道と美術150年の様相を、鉄道史や美術史はもちろんのこと、政治、社会、戦争、風俗など、さまざまな視点から読み解き、両者の関係を明らかにしていきます。
日本全国約40カ所から集めた、「鉄道美術」の名作、話題作、問題作約150件が一堂にそろう、東京ステーションギャラリー渾身の展覧会です。
(*)それまでは「書画」などと呼ばれていました。北澤憲昭『眼の神殿』(美術出版社、1989年)

【開催概要】
会期:2022年10月8日(土)〜2023年1月9日(月) ※会期中一部展示替えあり
開館時間:10:00~18:00(金曜日~20:00)*入館は閉館30分前まで
休館日:月曜日(10月10日、1月2日、1月9日は開館)、10月11日、12月29日~1月1日
入館料:一般 1,400円/高校・大学生 1,200円/中学生以下 無料
*障がい者手帳等持参の方は100円引き(介添者1名は無料)
*最新情報・チケット購入方法は美術館公式サイトでご確認ください
*新型コロナウイルス感染拡大防止のため開催内容が変更になる場合があります
*東京ステーションギャラリーは6年半の休館を経て2012年10月14日(鉄道の日)に再開館しました。2022年は東京駅丸の内駅舎保存・復原工事完成10周年にあたります

東京ステーションギャラリー 「鉄道と美術の150年」

公式サイト

 
カレンダー