MIRAI一覧へ
201911/10(日)

日本のお祭り

京都 清涼寺「夕霧祭」

歴史ロマンに思いを馳せる、深まる秋のお祭り。
2019
11 /10(日)

日本のお祭り

京都 清涼寺「夕霧祭」

歴史ロマンに思いを馳せる、深まる秋のお祭り。

嵯峨釈迦堂の名で知られるが正式には清凉寺。987年(寛和3年)創建、御本尊は国宝である三国伝来生身釈迦如来像。釈迦に生き写しであるとされ「生きているお釈迦さま」と呼ばれるものであり、光源氏のモデルとも言われています。また1776年(安永7年)に再建され京都府指定文化財となっている仁王門はケヤキ造りの二階二重門。門の中で最も格式が高いとされている造りで、その重厚な佇まいは「嵯峨野の顔」と呼ばれるほど。
清涼寺には「江戸の高尾」「京の吉野」と並び称された大阪の名妓「夕霧」の墓があり、その追善法要が「夕霧祭」です。島原太夫による舞や、禿を従えた太夫が内八文字と言われる足さばきを披露しながら本堂前から三門まで太夫道中も行われます。
また境内には豊臣秀吉の嫡男、秀頼公の首塚があります。大坂夏の陣で母淀殿と共に自刃したと伝えられる秀頼公のものと思われる頭蓋骨が、1980年(昭和55年)大阪城三の丸跡より出土。秀頼公が再興に尽くした由縁のあるこの清凉寺に納められました(諸説あり)。

京都 清涼寺「夕霧祭」〈京都〉

  • 【場所】京都市右京区 清凉寺
  • 【交通】市バス「嵯峨釈迦堂前」、または京都バス「嵯峨釈迦堂前」下車、徒歩2分
    JR嵯峨野線「嵯峨嵐山」駅下車、徒歩15分
    嵐電嵐山本線「嵐山」駅下車、徒歩15分
    阪急嵐山線「嵐山」駅下車、徒歩20分
  • 【料金】追善法要(拝観料400円要)

公式サイト

フォトレポート

レポートはまだありません

こちらもおすすめ